低金利のプレミアムコースを勝ち取るには方法がある

数多くあるカードローンを選ぶ上で、もっとも重要な要素は何だと思われますか?それは金利でしょう。金利が安いということはそれだけ返済が楽になるからです。金利を見る上で重要なのは最高金利と言われています。

 

なぜなら初めてカードローンを作る人は、必ずと言っていいほど最高金利が適用されるからです。いまこの最高金利が常識破りに低いカードローンが登場しました。それこそが住信SBIネット銀行 Mr.カードローンです。最高金利はなんと7.99%。15%近い金利が常識の銀行カードローンの中で、どうすればこんなに低い金利が適用してもらえるのでしょうか?それには条件があります。

 

最高金利7.99%で借りる条件

住信SBIネット銀行 Mr.カードローンは広告で大々的にこの超低金利7.99%が全面に打ち出されています。しかしMr.カードローンは申し込めば無条件でこの金利が適用されるのではありません。Mr.カードローンに申し込んで審査を通過したとしても2つの結果が待ち受けています。

 

それはプレミアムコースとスタンダードコースです。プレミアムコースは先ほど述べた最高金利7.99%というものなのですが、スタンダードコースは最高金利が14.79%というもの。このどちらかになるかは申し込んでみないと分かりません。

 

私たちが選ぶのではなく銀行側がどちらのコースにするのか選ぶのです。ではプレミアムコースになるためにはどんな条件をクリアすることが必要なのでしょうか?

 

低い金利のプレミアムコースとなるためには

銀行側の裁量で決めることなので、明確な条件があるわけではありませんが、目安となる条件があります。まず重要なのは年収でしょう。審査に通過するためには年収は少なくとも200万は必要です。プレミアムコースとなるためにはその2倍3倍の年収があったほうが望ましいかもしれません。

 

金利を安くしても確実に返してもらえるという見込みが必要だからです。続いて勤務形態です。毎月定期収入が見込めるサラリーマンのほうが望ましく、自営業でプレミアムコースを勝ち得るのは難しいかもしれません。自営業というのは急に収入が落ち込むことがあり、低い金利で貸し出しても確実に利子と元金を回収できるとは思われないからです。

 

過去の信用情報も重要です。過去に借入記録があり、一度も遅延することなく返済しているという記録が必要です。過去に一度もローンや借り入れをしたことがない人は逆にプレミアムコースを勝ち得にくいでしょう。本当にお金を貸してきちんと利子をつけて返してくれる人かどうか未知数だからです。

 

そのほかにも、会社の規模、勤務年数、持ち家があるか、居住年数、固定電話があるかなどが考慮されます。全ての条件が望ましいものなら安い金利のプレミアムコースが割り当てられることになります。

 

さらに金利が0.5%下がる条件

プレミアムコース、スタンダードコースいずれになったとしても決められた金利からさらに0.5%金利を下げる条件があります。それは住信SBIネット銀行で住宅ローンを組んでおり残高残っている場合SBI証券口座を保有している場合です。

 

どちらか一つの条件を満たすと金利は年-0.5%となります。前者は家を買わないと条件を満たしませんが、後者は証券口座に登録し持っているだけで特典を受けられるので、金利を下げるためにぜひとも活用したい方法です。