ネット銀行において在籍確認は非常に重要

カードローンを作る際に一番心配なのは在籍確認かもしれません。住信SBIネット銀行Mr.カードローンの審査は消費者金融と比べても少し厳しめで、この在籍確認がしっかり取れないと審査を通過することはありません。

 

どうやって在籍確認を無事通過することができるのでしょうか。Mr.カードローンの在籍確認のタイミングと在籍確認の方法を見ていき、対策を練りましょう。

 

在籍確認のタイミング

在籍確認は本審査の時です。つまりその前の段階では行なわれません。ネット上で申込を行なったときにまず行なわれるのが仮審査です。仮審査はネット上に記載された内容のみに基づいて機械によって審査がなされ、同時に信用情報機関への参照が行なわれます。

 

記載内容、過去の借入状況いずれも問題なければ、仮審査の通過の通知がメールで知らされて本審査となります。本審査は住信SBIネット銀行の人が行ないます。目的はその申し込んだ人は本当に記載された会社に勤めているのか、言い換えれば本当に返済できるだけの収入が見込める人なのかを確認することです。

 

よってお金を貸す側としては在籍確認は重要です。借りる側としても周到な準備をして在籍確認に備える必要があります。

 

在籍確認の方法

これは金融業界の在籍確認の常識ですが、在籍確認では会社名を名乗りません。住信SBIネット銀行も会社名を名乗らず、個人名で在籍確認を行ないます。通常は「○○と申しますが、御社の○○様はご在社でしょうか?」といった形でなされます。

 

在籍確認は在籍しているかどうかを確認するだけなので、「○○はあいにく外出しております。折り返し電話させますが、何番におかけしたらよろしいでしょうか?」と受付担当に言ってもらえれば在籍確認完了です。ただ、この個人情報が非常に重視される時代、どの会社のどの人がどんな用件で電話してきたのか確認できないと、会社の受付の人も取り次がない傾向があります。

 

「(会社名を名乗らず)○○と申しますが、御社の○○様はご在社でしょうか?」「どちらの会社の○○様でしょうか?」「会社名はお伝えできません。個人名でのお取次ぎお願いします」受付の人は怪しいと感じ、「○○という者はおりません」とか、「用件のあいまいなお電話は一切お取次ぎできません」などと答えてしまう可能性があります。

 

こうなると在籍確認失敗です。つまり結果は本審査不通過となってしまうのです。どうしたらこうした事態を防げるのでしょうか。

 

在籍確認を無事通過させるには

よって今から本審査が行なわれると分かっている段階で、会社の受付の人に「カードを作ったので在籍確認の電話が入ると思います。たぶん個人名で電話かけてくると思うから自分が在籍していると伝えてくれますか」と直接頼むのがいいでしょう。

 

カードといってもクレジットカードやメンバーズカードなどいろいろあるので、この一言を伝えることで会社内の居心地が悪くなることは通常ありません。一番いい方法は自分が電話口に出ることです。在籍確認というのは時間指定できます。

 

要は会社代表の固定電話にかけて、そこから申込者につなげればいいわけですから、「お昼休みの12:30に在籍確認の電話をしてください」と伝えておけば直接自分が電話に出ることができます。住信SBIネット銀行にとっても、在籍確認で本人が出るのは一番確実確認できる方法なので歓迎されます。

 

ネット銀行での在籍確認は非常に重要

仮審査に通過したのに本審査に落とされた!と怒る人がたくさんいるようですが、その大きな理由の1つは上記のように在籍確認がスムーズに行なわれなかったためです。今の時代は個人名で電話をしてきても会社は応じてくれないのです。同時に住信SBIネット銀行はこの本人確認を非常に重要視する傾向があるようです。

 

なぜならネット銀行なので、本人かどうか分かるものが他にありません。消費者金融や他の銀行なら本人が来店するとか無人契約機であってもカメラ上で本人の確認ができます。しかしネット銀行は全くの第3者がなりすまして申し込むことだって可能なわけです。

 

架空口座を作って犯罪に利用されるリスクもあるでしょう。そこでネット銀行にとって申込者本人が申請しているということを確認する在籍確認は重要な段階だと知っておきましょう。