Mr.カードローン 約定返済と随時返済の方法

返済システムが複雑な金融会社はたくさんあります。いったい今月はいくら返す必要があるのだろうと感じている人も多数いるはずです。ですがMr.カードローンは誰でもわかる非常に明快な返済方法が特徴です。

 

どのような返済方法があるのでしょうか?たった2つだけです。それは残高に基づく約定返済と随時返済です。では一つ一つ見ていきましょう。

 

約定返済の方法

住信SBIネット銀行Mr.カードローンは約定返済に特徴があり、いくら借りたかに関わりなく残高がいくらあるかによって返済額が決まります。

 

他社では借りたときの金額に基づいて返済額が決まると、返済が終わるまでずっと毎月の返済額が高めに設定されていたり、追加借り入れをしたらさらに返済額が変化していき、結局毎月の約定返済額がいくらになるのか分かりにくい傾向があります。

 

しかし住信SBIネット銀行のMr.カードローンは借りはじめがいくらかに関わりなく、追加借り入れがいくらかにも関わりなく、純粋に残高だけによって約定返済額が決まるので非常に明確です。約定返済額はいかのように定められています。

 

  • 残高が2,000円以下→繰越残高全部
  • 残高が2,000円〜10万円→2,000円
  • 残高が10万円〜20万円→4,000円
  • 残高が20万円〜40万円→6,000円
  • 残高が40万円〜60万円→8,000円
  • 残高が60万円〜80万円→11,000円
  • 残高が80万円〜100万円→15,000円
  • 残高が100万円〜150万円→20,000円
  • 残高が150万円〜300万円→25,000円
  • 残高が300万円〜400万円→30,000円
  • 残高が400万円〜500万円→40,000円
  • 残高が500万円〜600万円→50,000円
  • 残高が600万円〜700万円→60,000円
  • 残高が700万円〜800万円→70,000円
  • 残高が800万円〜900万円→75,000円
  • 残高900万円以上→80,000円

 

住信SBIネット銀行の指定口座に毎月引き落とし日に上記の約定金額を入れておけば滞りなく返済が進んでいくというシステムです。非常に明快でしょう。ただし他の銀行の口座を返済口座として用いることはできません。

 

随時返済

2つ目の方法は随時返済です。これは約定返済とは別にまとまったお金を返したいときに用いる方法です。随時返済の方法は2つあり、1つ目はネットからログインして随時返済を選択し、任意の金額を指定口座から返済するというものです。

 

残金全てを返済額として指定すればこの方法で簡単に全額返済を済ませてしまうことも可能です。2つ目の方法はATMでカードを使って行なう方法です。

 

セブン銀行やローソンのATMなどの提携先ATMからカードを使って随時返済が行なえます。他社と違うのは他社は専用のATMで行なえば手数料がかかりませんが、住信SBIネット銀行は専用ATMはないため随時返済で手数料が必要です。

 

返済は単純明快なMr.カードローン

他社は振込みや自社ATM、他社ATMなどいろいろな返済方法がありかえって複雑であったりしますが、住信SBIネット銀行はいたってシンプルな返済方法なのが特徴です。

 

要するに約定返済も随時返済も結局、お給料が入ったら住信SBIネット銀行に返済額を入れておけばいつでも行なえてしまうというわけです。