Mr.カードローンに簡易審査がない理由はこれだ

よく消費者金融のホームページで見かける簡易審査。わずか3秒や10秒である程度審査に通過するかどうかわかるというものです。

 

しかし住信SBIネット銀行のMr.カードローンのホームページのどこを見ても消費者金融のような簡易審査がありません。なぜ簡易審査が存在しないのでしょうか?どうすれば簡単に自分が審査に通過するかどうか分かるのでしょうか?

 

Mr.カードローンに簡易審査機能がない理由

Mr.カードローンに簡易審査機能がないのは審査基準が複雑、かつ高いからです。消費者金融ですと、いわゆる属性(勤務年数、居住状況、過去の返済記録、他社借入件数など)が悪くても、ある程度毎月の収入が見込める人は審査に通過する傾向があります。

 

ですが住信SBIネット銀行の場合は審査基準が高く、年収が低いのはもちろんのこと、さまざまな属性が悪かったとしたら審査に通過しません。簡易審査機能はというのは通常「年収、他社借入状況」だけで結果が出るというものですが、住信SBIネット銀行では、年収、他社借入状況だけでは判断すらつかないので、そもそも簡易審査機能を設けていないのです。では自分が審査に通過するかどうかはどうやって分かるのでしょうか?

 

仮審査に申し込む

ホームページに簡易審査機能は存在しなくても、仮審査申込はネット上で簡単に行なえてしまえます。記入するのは「年齢、収入、勤続年数、他社借入状況」など属性を判断する上で必要な項目全てです。といっても、ホームページから申し込むだけなので、パソコンに必要項目を次々に打ち込むだけです。

 

早ければ3分ほどで打ち込み終わることでしょう。送信ボタンを押して1時間もすれば仮審査の結果が出てきます。3秒や10秒というわけには行きませんが、家にいながら簡単に申し込めて1時間もすれば結果が分かるわけですから簡易な審査と言えるでしょう。

 

消費者金融でお金を借りる際にも結局はこの過程踏む必要があるわけです。であるならば初めから仮審査の申込をするならば一つ手間が省けるというものではないでしょうか?

 

仮審査から振り込みまでのスピード

仮審査に通過すると本審査となります。消費者金融の場合は仮審査に通過すればウソを記入していない限り本審査も通ったようなものですが、銀行カードローンの場合はそうではありません。基本的に本審査は1週間程度かかるものであると思っておきましょう。

 

ただし、既に住信SBIネット銀行に自分の口座を持っていて、借入限度額が300万以下でいい場合は収入証明の提出が必要でないので、審査がもっとスムーズに進みます。最短即日での融資も可能でしょう。